会社ホームページ作成のポイント

中小企業ホームページ 運用・活用のポイント

中小企業ホームページ 運用・活用のポイント

【企業WEBサイト 運用・活用のポイント】


自社のホームページのデザインが古臭い、 効果が出ない、問い合わせもない、営業としても情報が古い等、どこから手を付ければいいのかわからない。ホームページはつくったもののさほどの効果が無い、所詮ホームページでは自社の営業に役立つとは思えない。とお考えの方に今一度こちらの内容をご確認下さい。

 
まず自社のホームページ更新管理や運用でお迷いの方はやはり専門のホームページ作成業者に相談する事をお薦めいたします。


何故なら?
やはり餅は餅屋で知識も経験も圧倒的に違うからです。しかし、それには依頼する費用が生じます。

 

確かに質のいいホームページでいるためには維持費がかかります。無駄な維持費は掛けたくありません。しかしながら多くの人がネットで検索する時代です。何かあればすぐにネット検索です。企業間のBtoBでも同様です。必ずそこに貴社の新規顧客になる潜在ユーザも眠っている筈です。


新規客GET!が一番大事だ!と言いつつ企業間取引きの中で企業サイトの一番のPOINTはやはり「信頼・信用」ではないでしょうか?結局は自社の「サービスと信用が第一」に違いはありません。

 

これだけのサービスと実績があるのにどうしてうちのホームページはもっと新規の問い合わせが無いのだろう?

 

答えは簡単です。ネットの使い方を知らないだけだったのです。さらに詳しく言うとGoogleをもっと知るべきです。

 

貴社のホームページを再度確認して見てください。自己満足で終わっていないでしょうか?また、更新の仕方がわからない。何を基準にリニューアルしていいのかわからない!そんなお悩みにお応えいたします。 

 

企業ホームページは、常に変化し、最新情報を必要な人(得意先)へ届け、自社のサービスをPRしながら新規顧客への橋渡しの役割が強くなると考えます。 ホームページの運用も、もっと簡単に、利便性が求められます。  貴社のホームページでは自社管理が出来ていますか?ホームページを公開してから新規の問い合わせは増えましたか?

 

答えがNOという方はこちらをご確認下さい。  まずあなたの会社のホームページは・・・


1.    どんなターゲットに向かいどのようなユーザに対し、何を供給し、そして何を得たいか?ホームページの目的が明確になっていますか?(問合せUP、資料ダウンロード請求、採用)


2.    ホームページ担当者はタイムリーに更新が出来ていますか?(CMSを適応)


3.    自社のお客が求めている内容を出来る限り具体的に把握していますか?(ユーザー目線)


4.    サイト訪問者にとってわかりやすい構成が出来ていますか?(UI)


5.    誰にとってのホームページのリニューアルですか?(ターゲット)


6.    企業サイトの更新目的を再度明確にする。(サイト方針)


7.    一つのサイトの中であれもこれも多くの事をやろうとしすぎていませんか?(細分化)


8.    サイト管理者は、年間を通じてサイト内チェックを怠らないこと(アクセス解析)

 

 

以上の事を再度ご確認頂ければ次へのステップが見えてくるはずです。