会社ホームページ作成のポイント

会社ホームページ作成のポイント PartⅡ【SEO対策】

会社ホームページ作成のポイント PartⅡ【SEO対策】

ココが肝心!会社ホームページ作成のポイント2
訪問者は検索エンジン(YAHOO・Google)を使います!

 

新規訪問者はどこからやって来るのでしょう?
最近ではTwitterやFacebookから貴社のWEBサイトへ訪れる方も多いかも知れません。しかしながらやはり企業内においてインターネット検索ではYAHOOやGoogleの利用者が根強いでしょう。


検索エンジン対策=SEO対策はとても大事です。何故なら作ったままのホームページは誰の眼に止まらないからです。 ただし、間違ったSEO対策は企業の信用も落としかねます。検索エンジン対策の正しい基本理念を理解する事が大事です。


インターネットの中ではさまざまな情報が混在し、何が最新で何が正しいのか?SEO対策についてもその情報の多さの中でその解釈や捉え方を間違えないようにしなくてはなりません。


ワン・デザイン工房では、今までの経験から培った実績で独自のSEO対策への見解と対策を講じております。まず自社のホームページ担当になられたあなたに知ってほしいと思いここに記述させて頂きます。

 

貴社のホームページどんなにきれいで内容豊富なページを作ってもそれを誰も気づかなければ当然問合せには至りません。 YAHOOやGOOGLEで貴社WEBサイトへの訪問・問合せに貢献するキーワードをまずは見つけましょう!

 

訪問者がどのようなキーワードでどれくらい来ているのか?それに対して自分のホームページはYAHOOやGOOGLE結果表示に出やすく作られているのか?どうか・・・

 

ここで大事な事は自社のサービスや製品名に無い「キーワード」は意味を成しません。詳しくはこの後記述します。
検索順位でいくら1番に出たとしても問題はキーワードです。そしてそのキーワードを選んだ人の気持ちです。
けして自己満足なSEO王者で終わってはいけません。

【SEOが全てだとは思わないでください!】


SEO対策ってなあに?というあなたにご説明させて頂きます。
多くのインターネットユーザー何か調べものをする際には検索エンジン(YAHOOやGOOGLE)を使って新しい情報を得ようとします。探している単語を入れます。その単語に フィットしたサイトが検索結果として表示されます。

 

検索対策(SEO対策)とは、ご自分のホームページをある限定のキーワードでYAHOOやGOOGLE の検索エンジンでページの上位にヒットされるように工夫する作業の事を SEO(検索エンジン最適化) と言います。

多くの方に見てもらうためには目的のキーワードでYAHOOやGOOGLEの検索結果表示の上位表示が条件となります。その検索結果表示の順番によってクリックされる数が大きく左右されます。

 

したがって必然的に対策としてこの検索エンジンにいかにして上に出るかがホームページ担当者様の悩みでもあるのです。初期の検索エンジンはまだ不備な点も多かった気がします。しかし、最近ではより高度に綿密になってきています。

Googleなどは特に検索スパムに対してより一層厳しくなってきています。正しい記述で正しい表現をしていなければなりません。目先の順位にとらわれて スパム行為を行ってサイトが消えてしまっては元も子もありません。正しい理解の元SEO対策も身に着けておくことが肝要です。

 

何が何でもとにかく上位が大事?


ご自分のサイトが上位に出たいのは人情としてみな同じです。しかし、違反行為をしてまでも上位をめざすのは本末転倒です。ご自分のサイトの主旨(文書・テーマ・画像等)が目的とするキーワードと一致していなければなりません。
検索エンジンの正しい理解と作業で上位を目指してください。また、何が何でも1位ではなく問題は「キーワード」が重要です。訪問者は何か情報を探しています。問合せにつながりやすいのは、より具体的なキーワードの組み合わせとなります。

 

例えば「○○駅 ビジネスホテル」とか「○○町 歯科医院」とかになり ます。このときに、検索結果として上位1〜10番目であればまずはOKでしょう。2ページ以降では効果はありません。


一番重要なのは”キーワード”です。


何故キーワードが一番重要かと言いますと、検索者は自分の探しものを言葉に変えて入力します。その時の言葉がキーワードです。相手の気持ち(検索者)になってキーワードを想定しなければ意味がありません。相手はあなたの会社を知りません。あなたの会社がどんな業績でどれくらいの取り引き実績があるのかどんな考えをしているかもわかりません。
ただ情報を必要としています。

それは
・役立つ情報。
・お得になる情報。
・必要な情報です。


また、いわゆるビッグキーワードばかりを追いかけないで下さい。ヒット数ばかりに注目しないでください。あなたのサービスを本当に必要な方は必ずあなたを見つけるキーワードを打ちます。
それは、あなたのサイトにあるサービスであり、情報です。相手の気持ちになってキーワードを設定しましょう!

次へ➡