会社ホームページ作成のポイント

会社ホームページ(BtoB) 運用・活用のポイント

会社ホームページ(BtoB) 運用・活用のポイント

私たちがお応えします!


 

こんなお悩みのホームページ担当者の方もいるかと思います。ツイッターやフェイスブックだけでいいんじゃないの?毎日の業務が忙しいのにわざわざホームページを管理する必要があるの?

 

そんなお悩みにお応えいたします。

 

そもそも自社のホームページに対しての基本的な考え方が間違っていませんか?

ホームページがYAHOO Googleで上位に出たらそれですぐに問合せが増えるとか?売上げがUPするとか?そう簡単には上位表示すら難しいですが・・・。ホームページは単なる橋渡しであってそこで の管理、中でも記事原稿等の信頼性・独自性・新鮮さ等が訪問者(お取引先)のこころを捉えるかどうかが一番の問題です。


一旦興味がもたれればその訪問者はあなたの会社のホームページをお気に入りに入れてくれる可能性が出てきます。そして、大事なことはその先です。「ホームページですぐに問合せ下さい」と言ってもだれもすぐに問合せはしてくれません。

まず、あなたの会社の様子、実績等の有益な情報がホームページ内から出来るだけ得られる事です。そして始めて問合せフォームへと進むのです。覚えて欲しい事はあなたの会社のホームページは新規取引のための「始めの一歩」つまり名刺程度に過ぎないという事です。

 

次の課題としてあなたの会社のホームページはどこに作ってもらうかです。


費用を考えるときにただテンプレートで安く作るだけのホームページ会社もあれば、あなたの会社のエンドユーザーまで考慮して制作してくれる会社では雲泥の差が出てきます。

 

いや、自社のお客の事は自分が良く知っているからホームページは自分で作ります(管理します)というあなたへ

 

簡単に作れるホームページのテンプレートもあります。しかし、これはテンプレートです。どこかで他の人も同じテンプレートで同じようなホームページがたくさん作られています。また更新作業に関しても簡単に出来る更新機能とそうでないカスタマイズ的な変更は一般の人には出来ません。知識と経験が必要になります。当然業者に依頼すれば時間と費用が掛かります。

 

まず自社のホームページ制作・リニューアル更新管理や運用でお迷いの方はやはり専門のWEB制作業者に相談する事をお薦めいたします。


何故なら?


やはり餅は餅屋で知識も経験も圧倒的に違うからです。デメリットとしては費用が生じる事です。

良質のいいホームページが新鮮な情報を公開維持するためには費用がかかります。当然ですが無駄な維持費は掛けたくありません。しかしながら多くの人がネットで検索する時代です。何かあればすぐにネット検索です。企業間のBtoBでも同様です。昔と違ってきました。私が就職したころにはまだインターネットがありませんでした。取引先・業界の様子・相手企業の情報は全部先輩上司から聞き、業界雑誌や展示会での情報が全てでした。

今は違います。


情報が必要な時にはすぐにネットで検索します。そこであなたの会社のホームページも見られます。この時の印象がいいか悪いかは大きな差となります。そしてその向こうに必ずそこに貴社の新規顧客になる潜在ユーザーも眠っている筈です。
企業間取引(BtoB)の中で企業サイトの一番のPOINTはやはり「信頼・信用」ではないでしょうか?結局は自社の「サービスと信用が第一」に違いはありません。

 

ホームページではまず相手から問合せを頂戴しそして自社の営業マンが事細かくサポートしていく体制が大事です。


ホームページを新しくしたのに新規からの問い合わせが無いのでしょうか?

答えは簡単です。ネットの使い方を知らないだけだったのです。

 

貴社のホームページを再度確認して見てください。自己満足で終わっていないでしょうか?また、確認の仕方がわからない。何を基準にリニューアルしていいのかわからない!そんなお悩みにお応えいたします。  企業ホームページ特にBtoB向けサイトでは、まず自社の新規客になりそうな潜在客の確保がまず優先です。個人ショップの販売とは単価が違います。それに、探しているのはその技術力や実績そして信頼です。

 

常に変化する各製造業界、最新情報を必要な人(得意先)へ届け、自社のサービスをPRしながら新規顧客への橋渡しの役割が強くなると考えます。 ホームページの運用も、もっと簡単に、便利さが求められます。  あなたの会社ホームページでは自社管理が出来ていますか?ホームページを公開してから新規の問い合わせは増えましたか?

 

答えがNOという方はこちらをご確認下さい。  まずあなたの会社のホームページは・・・


1.    どんなターゲットに向かいどのようなユーザに対し、何を供給し、そして何を得たいか?ホームページの目的が明確になっていますか?(目的:問合せUP、資料ダウンロード請求、採用)


2.    ホームページ担当者はタイムリーに更新が出来ていますか?(CMS)


3.    自社のお客が求めている内容を出来る限り具体的に把握していますか?(ユーザー目線)


4.    サイト訪問者にとってわかりやすい構成が出来ていますか?(UI)


5.    誰にとってのホームページのリニューアルですか?(ターゲット)


6.    企業サイトの更新目的を再度明確にする。(サイト方針)


7.    一つのサイトの中であれもこれも多くの事をやろうとしすぎていませんか?(細分化)


8.    サイト管理者は、年間を通じてサイト内チェックを怠らないこと(アクセス解析)