ホームページ担当者様へ

ホームページがどうしたらヒットするか?

ホームページがどうしたらヒットするか?

【YAHOOでGOOGLEで自社のホームページが出て来ない!】

会社名で自社のホームページが出て来ない!と言った話はさすがに最近は減ってきましたが、中にはまだそのような事でお悩みの方もいるかもしれません。

YAHOOやGOOGLEなどの検索エンジンでは、ある決まりのルールの中で入力された「キーワード」に対して結果表示をします。みなさんはこの結果一覧を見て自分の望むホームページがあるかどうかを判断し検索しているのです。


このキーワードを入力するときのご自分のイメージした言葉は「単語」です。「単語」と「単語」で文が成り立ち文書になる訳ですが、仮に「安い電化製品」と入力した際にYAHOOやGOOGLEで結果で出て来たホームページ(WEBサイト)は全部本当に“激安の家電SHOP”とは実際には限りません。

YAHOOやGOOGLEは「安い電化製品」の単語に一致するWEBサイトを検索エンジンのアルゴリズムのシステムによて皆さんにその結果を見せているだけです。人間が1店舗ごとに全国を調査している訳ではありません。あたりまえですが・・・ココが大事です。

YAHOOやGOOGLEの検索結果に出来るだけ上位に出るように対策する事をSEO対策と言います。

ではSEO対策ってどうするの?

 


【基本中の基本:内部的なSEO対策】

  1. ページタイトルに適切なキーワード入れる
  2. H1タグをきちっと入れる
  3. W3Cに基づいた文法的に正しいページの構造
  4. ページタイトルに入れたキーワードが中心となる文章ページである事
  5. ページの更新や増量
  6. サイト全体の更新や編集



でも上記の内容はほぼみんなやっている事です。

そこで重要なのは自社の「一番の売りになるキーワードの見直し」です!

1.「キーワードの設定」が大事!

まず、キーワードは出来るだけ競争の少ない単語でしかも自社サービス等を的確に説明するもの。を選びます。

何故かというと既に「安い電化製品」では多くの競合他社の大手通販サイトがしのぎを削ってネット上で順位を争っています。もし、あなたが家電販売の当事者であれば周知の事でしょう。

そこで少し知恵を絞って消費者の立場に立って「電気屋が教える家電製品の買い方」とかをサイトのメインキーワードとして構築します。
中のコンテンツとしては例えば・・・
1.賢い季節家電商品の買い方
2.失敗しないお買い得家電製品の見極め方
3.大手家電メーカー社員が教えるここだけの話

2.ページタイトルは大事必ずキーワードを入れる。
1.賢い季節家電商品の買い方
2.失敗しないお買い得家電製品の見極め方
3.大手家電メーカー社員が教えるここだけの話

3.SNS(ツイッターやFacebook)も併用して情報をまめに更新

まずは上記の3つの事からはじめてみませんか?

具体的な作業に関しては別なところでまたご紹介いたします。

ただ、最初に申し上げたようにSEOは手段であって大切なのはユーザに対してのわかりやすい美しい興味深い使いやすいホームページある事です。

SEO対策の話の前に皆さまに注意することがあります。

【SEO対策の注意POINT】

 

  1. 上位を目指すキーワードが必ずしも自社の売上げにつながるとは限らない
  2. YAHOOやGOOGLEはつねに変動する
  3. 不変の1位はありつづけない
  4. SEOは手段であってGOALではない
  5. 自画自賛のSEO信者は危ない


「検索エンジンにヒットしなければ無いのに等しい」と言われます。確かにそのとおりかもしれません。せっかくつくったホームページが誰からも見られないのは企業にとっては大きな損失です。

次のようなSEO業者は選ばないようにお勧め致します。

 

  1. 電話・FAXで宣伝してくるSEO会社
  2. 実績のキーワードがあまりにニッチなもの
  3. 契約期間が切れるとすぐに結果がダウンしてしまう!
  4. 結局の作業は外部リンクのみのSEO会社
  5. 料金が不明確


当社ワン・デザイン工房は内部構造を重要視し、外部リンクに関しては必要最低限のものをお薦めしております。
お気軽にお問合せください。